特急「オホーツク」の編成(2009,10)

 2011.01.15

 <基本編成>
←札幌 ①キハ183-217 自 ②キハ182-45 自・指 ③キロハ182-2 指・G ④キハ183-213 指
 遠軽~札幌間逆編成
 2009.01.17 16D「オホーツク6号」

 <増結編成>
←札幌 ①キハ183-4558 自 増①キハ182-22 自 ②キハ182-43 指 ③キロハ182-2 指・G ④キハ183-215 指
 遠軽~札幌間逆編成
 2009.03.02 16D「オホーツク6号」
 1号車をキハ183-4558に変更しています。

←札幌 ①キハ183-104 自 増①キハ182-43 自 ②キハ182-23 指 ③キロハ182-3 指・G ④キハ183-211 指
 遠軽~札幌間逆編成
 2009.01.26 16D「オホーツク6号」

 1号車をキハ183-104に変更しており、従来のキハ183-200番台からエンジン出力が170PS低下します。

←網走 ①キハ183-218 自 増①キハ182-40 自 ②キハ182-3 指 増21 キハ182-11 指 ③キロハ182-10 指・G ④キハ183-212 指
 遠軽~網走間逆編成
 2009.01.29 17D「オホーツク7号」

←札幌 ①キハ183-208 自 増①キハ182-40 自 ②キハ183-4559 指 増21 キハ182-42 指 ③キロハ182-10 指・G ④キハ183-211 指
 遠軽~札幌間逆編成
 2009.09.20 16D「オホーツク6号」

 2号車にキハ183-4559を増結しており、大変珍しい編成です。

←網走 ①キハ183-207 自 増①キハ182-30 ②キハ182-29 増21 キハ182-39 指 増22 キハ182-11 指 ③キロハ182-10 指・G ④キハ183-212 指
 遠軽~網走間逆編成
 2009.01.25 17D「オホーツク7号」

 <2009年10月1日ダイヤ改正>
←網走 ①キハ183-1551 自 ②キハ182-39 自・指 ③キロハ182-4 指・G ④キハ182-40 指 ⑤キハ183-212 指
 遠軽~網走間逆編成
 2009.09.30 17D「オホーツク7号」
 翌日にダイヤ改正が行われるため、車両運用の関係で、改正前日に改正後の編成が使用されました。

 -2009.10.01ダイヤ改正-

 <増結編成>
←網走 ①キハ183-1551 自 ②キハ182-21 自・指 ③キロハ182-6 指・G ④キハ182-22 指 ⑤キハ183-211 指
 遠軽~網走間逆編成
 2010.01.30 17D「オホーツク7号」

←網走 ①キハ183-1554 自 ②キハ182-44 自・指 ③キロハ182-6 指・G ④キハ182-11 指 ⑤キハ183-213 指
 遠軽~網走間逆編成
 2009.10.01 17D「オホーツク7号」

←札幌 ①キハ183-1553 自 ②キハ182-31 自・指 ③キロハ182-4 指・G ④キハ182-22 指 ⑤キハ182-42 指 ⑥キハ183-210 指
 遠軽~札幌間逆編成
 2010.02.07 16D「オホーツク6号」

←札幌 ①キハ183-104 自 ②キハ182-21 自・指 ③キロハ182-4 指・G ④キハ182-31 指 ⑤キハ182-23 指 ⑥キハ183-212 指
 遠軽~網走間逆編成
 2009.12.31 17D「オホーツク7号」
 1号車をキハ183-104に変更したため、キハ183-1550番台より定員が28名減少しています。

←札幌 ①キハ183-1553 自 ②キハ182-44 自・指 ③キロハ182-6 指・G ④キハ182-39 指 ⑤キハ182-11 指 ⑥キハ182-3 指 ⑦キハ182-30 指 キハ183-210 指
 遠軽~札幌間逆編成
 2010.01.03 16D「オホーツク6号」

 当時の繁忙期に見られた編成です。以前であれば「オホーツク」の7・8号車は見られませんでした。

 <オホーツクの編成パターン>

 09年10月ダイヤ改正以前は、基本編成に増結を行う場合、増結の順位を自由席、指定席、指定席、指定席の4段階で行われていました。

 号車番号は自由席増1号車、指定席増21号車、指定席増22号車、指定席増23号車となりました。また、3号車の合造車(グリーン・普通車)をグリーン車のみの車両(キロ182-9)に変更した場合、指定席増3号車を連結しました。

 改正後はこれら号車番号を廃止し、他列車と同様に数字を増加させる方法に変更しました。また、基本編成の1号車をキハ183-1550番台に置き換えたことに伴って、自由席の増結を廃止しました。

 増結は指定席のみとなり、増結位置は基本編成の3号車と4号車の間に固定し、札幌方の先頭車は増結の状態によって、4~8号車の号車番号となります。

 車両運用の都合上、1号車のキハ183-1550番台を使用できない場合、改正前のキハ183-200番台か、キハ183-104を代用しています。このほか、まれにキハ183-4550番台を使用したことがあります。

 <流氷特急オホーツクの風>
←札幌 ①キハ183-4558 指 ②キハ182-42 指 ③キハ182-43 指 ④キハ182-41 自 ⑤キハ183-4559 指
 遠軽~札幌間逆編成
 2010.02.09

 2日前にノースレインボー車両で発電機故障の車両不具合が発生したため、8~10日まで、通常のキハ183系に車両変更されました。8日は別編成が使用され、9・10日は当編成が使用されました。




広告


広告

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-