臨時急行「RSR号」の編成(2009~11)

 <2009年度>

 1 キハ183-104 自
 2 キハ182-21 自
 3 キハ182-17 自
 4 キハ183-210 自

 2009.08.16
 函館方から1号車 全車札幌運転所の配置

 お盆時期に急行「はまなす」の混雑が激しいため、2009年度に混雑緩和を目的とした札幌発函館行きの臨時急行列車が運転されました。当時は愛称がなく、得割きっぷや北海道&東日本パスが利用できました。

 運転当日の「はまなす」は12両編成で、B寝台車と指定席は満席、自由席は満席の上、デッキに立つ客も見られました。臨時急行は「はまなす」の5分後に続行し、翌日6時頃に函館へ到着するダイヤで、停車駅は「はまなす」と同じでした。

 臨時急行は1両あたり数名を乗せて札幌を出発し、拍子抜けであったことを覚えています。

 <2010年度>

 1 キハ183-208 自
 2 キハ182-405 自
 3 キハ182-406 自
 4 キハ183-218 自

 2010.08.12、15
 函館方から1号車 全車函館運輸所の配置

 前年の利用客が低調だった臨時急行でしたが、10年度も運転が行われました。前年は愛称がありませんでしたが、ロックイベント客の輸送を目的とした「RSR号」の愛称が付きました。

 函館発の下り(12日)の夜行が新設され、札幌発の上り(15日)は、夜行から昼行となり、特急「北斗8号」の続行でした。札幌~函館間は往復ノンストップ運転となりました。

 北海道&東日本パスと急行券で乗車可能など、昨年同様にイベント客がターゲットでした。

 <2011年度>

 1 キハ183-219 自
 2 キハ182-31 自
 3 キハ182-39 自
 4 キハ183-213 自

 2011.08.11、14
 函館方から1号車 全車札幌運転所の配置

 前年と同じく函館発(11日)は夜行で、札幌発(14日)は昼行となりましたが、札幌発は約1時間繰り上がりました。函館発はノンストップ運転で、札幌発は苫小牧、東室蘭、長万部、八雲の停車が追加されました。

 09年度からスタートした臨時急行列車は、3シーズンの運転で終了し、本年度の運転はありませんでした。




広告


広告

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-