夕張支線1日10本、浦臼以北廃止に現実味

 2015.11.30

 道内地方線区の大減便問題、第3回は8本の見直しが予定される石勝線と、5本の見直しが予定される札沼線を取り上げます。

 <石勝線>
 列車番号   始発   時刻   終着   時刻   見直し内容 
 2629D   新夕張    9:05   夕張    9:32   全区間廃止 
 2637D   新夕張   12:56   夕張   13:23   全区間廃止 
 2641D   苫小牧   15:55   夕張   17:52   追分以遠廃止 
 2647D   追分   20:50   夕張   21:54   全区間廃止 
 2628D   夕張    9:41   新夕張   10:05   全区間廃止 
 2634D   夕張   13:31   追分   14:25   全区間廃止 
 2640D   夕張   18:15   追分   19:16   全区間廃止 
 2644D   夕張   22:02   追分   22:53   全区間廃止 
 ※全列車、現行ダイヤ

 <夕張支線1日10本>

 石勝線は追分~夕張間の8本が見直しの対象となりました。夕張支線は現行で1日18本なので、減便後の運転本数は1日10本となります。この本数は1日12本あった江差線(木古内~江差)の水準を下回ります。

 また、追分~新夕張間の普通列車は現行で下り6本、上り9本の計15本です。減便後は下り4本、上り6本となります。来春のダイヤ改正では東追分、十三里の駅廃止が検討されており、旧夕張線区間の利便性低下は避けられません。

 夕張支線はかつて、DMVの試験走行が重点的に実施されていました。DMVの実用化にめどが立っていれば、あるいは、ここまでの大減便はなかったかもしれません。

 <札沼線>
 列車番号   始発   時刻   終着   時刻   見直し内容 
 5427D   石狩当別   11:15   新十津川   12:37   浦臼以遠廃止 
 5433D   石狩当別   11:15   新十津川   18:56   浦臼以遠廃止 
 5435D   石狩当別   19:31   浦臼   20:37   石狩月形以遠廃止 
 5428D   新十津川   12:59   石狩当別   14:21   浦臼始発に変更 
 5434D   新十津川   19:22   石狩当別   20:53   浦臼始発に変更 
 ※全列車、現行ダイヤ

 <浦臼以北廃止に現実味>

 1日6本の浦臼~新十津川間で4本の減便。これは早晩、廃止の議論があってもおかしくありません。石狩月形~浦臼間も現行の6.5往復から6往復になります。

 キハ40形気動車の老朽化問題は、札沼線の場合、他線区以上に深刻です。札沼線では豪雪地域に対応した車両として、エンジン出力を増大したキハ40-400番台を投入しています。

 この400番台は2両しか存在せず、車両検査の際にはたびたび700番台で代走していますが、400番台は替えがきかない車両でもあります。代走で使用する700番台もまた老朽化に苦しんでおり、老朽車両の代走を老朽車両で行っている状況です。

 400番台の全廃が、札沼線の存廃分岐点となる可能性もあります。



広告


広告

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-