フラノラベンダーエクスプレス1往復減便


 JR北海道は、夏の臨時列車の運転計画を公表しました。7月1日~9月30日までの期間、昨年比で188本減の計1,495本が運転されます。

 -旭山動物園号-

 「旭山動物園号」は現在、団体列車等に使用されているもようで、今年は7月の運転が行われません。夏休み期間の8月1日から運転を再開し、24日まで毎日運転となり、8月30日から9月末は、土・日・祝日の運転となります。

 -ヌプリ・ワッカ-

 道南・ニセコエリアの観光開発として、2012年から運転をスタートした「ヌプリ」が3シーズン目の運転となります。また、昨年新設された「ワッカ」も引き続き運転されます。

 昨年は「ヌプリ」1往復、「ワッカ」1往復で、函館本線小樽~長万部間は1日4本の特急が走りました。今年は、当初の札幌~函館間の1往復に戻る一方、札幌発を「ワッカ」、函館発を「ヌプリ」となり、上下で愛称が異なる珍しい列車となります。

 運転期間は8月19~31日の毎日と、9月5~15日は金・土・日・祝日の運転となります。

 -フラノラベンダーエクスプレス-

 「フラノラベンダーエクスプレス」は、例年、6月上旬から1日1往復で運転をスタートし、8月末まで毎日運転されています。また、ラベンダーが見ごろを迎える7月中旬には最大で3往復運転となります。

 今年は、7月5日~8月3日まで1日2往復で、例年の3往復から1往復減便となります。8月は夏休み期間を中心の運転に変更され、お盆期間から1往復運転となった上で、下旬は土・日の運転に縮小されます。

 9月6~28日の土・日・祝日は、「フラノ紅葉エクスプレス」として、「フラノラベンダーエクスプレス3・2号」の時刻で1日1往復運転されます。

 -本州方面-

 青森のねぶた祭りに合わせて、789系「ねぶたエクスプレス」が8月2~6日に運転されます。お盆期間を中心に、青森~函館間に「白鳥71・78号」、新青森~函館間に「白鳥77・80号」が運転されます。

 「トワイライトエクスプレス」は7月8日~8月20日まで毎日運転となります。「カシオペア」は7月31日~8月19日まで隔日運転となり、運休する木曜日の運転も行われます。7月24・31日と8月14・21日は上野発、8月7・28日は札幌発となります。




広告


広告

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-