江別の顔づくり、野幌駅北口広場供用開始

 ジェイ・アール北海道バスは1日、函館本線野幌駅北口駅前広場の供用開始に伴い、同駅前の鉄西線上にあった「野幌駅」停留所を野幌駅北口広場に移設し、「野幌駅北口」として運用を開始しました。

 江別の顔づくり事業の各種事業のうち、土地区画整理事業の一環で野幌駅北口広場の整備が行われてきましたが、このたびの完成により、JRとバスの連絡がスムーズとなり、利便性向上が期待されます。

 野幌駅北口には、JRバスとともに2014年12月1日から冬ダイヤとなった北海道中央バスも乗り入れを開始し、旭通上にあった「野幌駅前」停留所は、「野幌駅北口」移設により廃止となりました。

 また、函館本線旧線の鉄道用地を転用した「東西グリーンモール」が10月末に開通し、8丁目通(旧・国道踏切付近)と鉄西線の交差点は、道路改良工事により、分岐点が2箇所からT字交差となりました。

P91170528.jpg
 供用開始直前の野幌駅北口駅前広場
 2014.11.29

P91170520.jpg
 鉄道用地を利用した東西グリーンモール
 2014.11.29




広告


広告

お知らせ

いつもごらんいただきまして、ありがとうございます。

このほど、60万アクセスを達成しました。

今後も当ブログをよろしくお願いします。

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-