711系電車の3編成は一体どこへ行くのか

 2015.03.24

 長年、「赤電車」の愛称で親しまれていた711系電車は、今月13日の営業運転を最後に全車引退しましたが、このうち、S-106・107・110の3編成が、先週末から数日間、函館本線札幌貨物ターミナル駅で留置され、様々な憶測を呼んでいます。

 711系3編成は全車、パンタグラフや方向幕などが撤去されており、19日に札幌運転所から同駅へ機関車牽引で移動し、19~22日まで同駅構内にとどまっていましたが、その後、深夜時間帯に同駅を出発し、東室蘭操車場へ到着したようです。

 23日夕方に同駅を通りかかったところ、711系3編成の姿はありませんでした。

P91190032.jpg
 2015.03.19

 711系3編成を最初に確認したのは19日夕方のことでした。当時、なぜこの場所にいるのか分からず、調べたところ、札幌運転所から来たということは分かったのですが、留置の目的等、不明な点が多くありました。

P91190060.jpg
 2015.03.21

P91190061.jpg
 2015.03.21

 様々な憶測が飛び交う中、711系3編成は一向に動く気配がありませんでした。

 国道274号線札幌新道の陸橋から編成全体を確認できましたが、函館本線と並行する道路上からは、駅構内の雪山にさえぎられ、厚別方のS-106編成と札幌方のS-110編成の1両しか確認できませんでした。

 711系3編成を最後に確認したのは22日午後でした。留置の目的や行き先等が分からない状態で、711系3編成は札幌貨物ターミナルを出発していきました。




広告


広告

お知らせ

いつもごらんいただきまして、ありがとうございます。

このほど、60万アクセスを達成しました。

今後も当ブログをよろしくお願いします。

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-