「苗穂レポート」2015年11月9日号

 2015.11.09

 7日の苗穂跨線橋を通ったところ、苗穂工場に789系電車のHE-202編成が留置されていました。当編成の後方にはキハ182、キハ40、ブルーシートに覆われた不明の車両がありました。

 来年3月のダイヤ改正で特急「スーパー白鳥」が運転を終了し、使用する青函用789系については、2017年度から785系の老朽取替用に転用される計画です。

 現在、青函エリア以外で青函用789系に出会うことがありませんが、17年度以降は青函エリアから道央圏が活躍の場となります。

 他に気になった点として、先日は785系電車が2編成留置されていましたが、1編成がいなくなり、NE-501編成と思われる1編成が残っていました。

 さらにその横には青函トンネルで活躍しているED79形電気機関車の姿もありましたが、ED79は今後、EH800形電気機関車に置き換えられることになります。新幹線開業が近づくにつれて、道内から国鉄型電気機関車の消滅も見えてきました。

P91200715.jpg
 2015.11.07
 苗穂工場




広告


広告

お知らせ

いつもごらんいただきまして、ありがとうございます。

このほど、60万アクセスを達成しました。

今後も当ブログをよろしくお願いします。

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-