函館行き11本運転は約2年半ぶり

 2015.12.11

 JR北海道は年末年始期間の一部の期日・時間帯で指定席が混み合っていることから、札幌~函館間で臨時特急列車を追加運転します。

 追加する増発列車は臨時特急「北斗88号」(札幌11:29発、函館15:34着)の1本です。編成はノースレインボー車両(5両編成)を使用します。また、自由席の両数が1両となっています。

 運転日は2015年12月29~31日、16年1月2,3日の計5日間で、16年元日は運転しません。この5日間は、函館行き上り11本、札幌行き下り10本の計21本の運転となります。

 編成
←函館
 1号車   2号車   3号車   4号車   5号車 
 キハ183 
 5202 
 キハ182 
 5251 
 キサハ182 
 5201 
 キハ182 
 5201 
 キハ183 
 5201 
 指   指   指   指   自 

 <11本運転は約2年半ぶり>

 札幌~函館間は1994年3月の特急「スーパー北斗」デビュー以来、定期列車は1日11往復となっていましたが、13年11月の減速減便により、定期列車は1日9往復となりました。

 その後、多客期を中心に1往復の増発が行われてきましたが、今日まで減速減便以前の水準に戻ることはありませんでした。また、特急気動車の車両不足を背景に、多客期においても長大編成の運転はそれほど多くありません。

 直近の多客期輸送は減速減便の影響を引きずり、13年度年末年始期間や14年度大型連休期間には、他の交通機関(都市間高速バス)の利用を推奨したこともありました。

 函館行きが11本運転されるのは、キハ183系気動車の使用を中止した13年7月以来、約2年半ぶりとなります。

 <臨時北斗88号の運転時刻>

 札幌 11:29
 新札幌 11:37
 南千歳 12:02
 苫小牧 12:21
 登別 12:48
 東室蘭 13:02
 伊達紋別 13:26
 洞爺 13:37
 長万部 14:09
 八雲 14:29
 森 14:50
 大沼公園 15:07
 五稜郭 15:30
 函館 15:34



広告


広告

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-