特急気動車編成調査(2016年1月24日号)

 2016.01.24

 <特急気動車編成調査>

 -2016.01.23-

←函館
 1   2  ←3   4   5   6 
 キハ 
 283 
 16 
 キハ 
 282 
 108 
 キハ 
 283 
 2 
 キハ 
 282 
 3004 
 キハ 
 282 
 2 
 キハ 
 283 
 6 
  指     指     指    指    指     自  
 5012D「北斗12号」
 ※号車番号の矢印は運転室の向きを表しています

P91210550.jpg

←帯広
 1   2   3   4   5 
 キロ 
 261 
 1102 
 キハ 
 260 
 1102 
 キハ 
 260 
 1316 
 キハ 
 260 
 1202 
 キハ 
 261 
 1202 
 G   指   指   指   自 
 35D「スーパーとかち5号」

←帯広
 1   2   3   4   5   6 
 キロ 
 261 
 1105 
 キハ 
 260 
 1105 
 キハ 
 260 
 1312 
 キハ 
 260 
 1301 
 キハ 
 260 
 1201 
 キハ 
 261 
 1201 
 G   指   指   指   指   自 
 38D「スーパーとかち8号」

 <コラム>

 23日、室蘭本線豊浦~洞爺間で、特急「北斗5号」の踏切事故が発生しました。この影響で長万部~洞爺間が一時運転を見合わせたため、折り返しとなる「北斗12号」は急遽、キハ283系気動車(6両編成)で運転されました。

 また、当該編成は同日の「北斗17号」で札幌に帰ったようです。

 JR北海道では今月21日から30日まで、「厳寒季の踏切事故防止キャンペーン」を実施しています。

 冬期の踏切内は圧雪、アイスバーンの路面となっていることが多いため、「踏切手前での確実な一旦停止と安全確認」「早めのブレーキとスピードダウン」を心がけましょう。

 <苗穂レポート番外編>

 2015年度末でキハ40形気動車10両の廃車が予定されていますが、苗穂工場では最近、保留車となったキハ40形の姿が見られるようになりました。

 一般気動車の大量留置といえば、12年6月の札沼線電化開業を思い出します。

P91210523.jpg
 キハ40形の大量留置とともに、久しぶりに見かけた新塗装のキハ261系
 2016.01.23

P91210525.jpg
 キハ261系ST-1203編成の姿もありました
 同上



広告


広告

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-