帯広・釧路方面、全体的に所要時分が延長

 2016.03.21

 特急「スーパーおおぞら」
 列車番号   札幌発   帯広発   釧路着   現行との 
 所要時分差 
 4001D    7:00    9:26   11:00   +1分 
 4003D    8:54   11:40   13:20   +3分 
 4005D   11:53   14:22   15:56   -6分 
 4007D   14:16   17:00   18:39   - 
 4009D   17:24   20:18   21:59   +2分 
 4011D   19:40   22:20   23:55   +3分 
 列車番号   釧路発   帯広発   札幌着   現行との 
 所要時分差 
 4002D    6:26    8:02   10:45   -6分 
 4004D    8:23    9:57   12:26   +5分 
 4006D   11:24   12:57   15:41   +3分 
 4008D   13:39   15:20   17:56   +7分 
 4010D   16:14   17:47   20:15   - 
 4012D   19:00   20:34   22:58   - 

 -札幌~釧路間の平均所要時分-
 下り 現行 4時間16分 改正 4時間17分
 上り 現行 4時間07分 改正 4時間09分
 6往復(12本)合計 現行 4時間12分 改正 4時間13分

 特急「スーパーとかち」
 列車番号   札幌発   帯広着   現行との 
 所要時分差 
 31D    7:54   10:32   -6分 
 33D   10:24   13:10   -10分 
 35D   16:08   19:00   +5分 
 37D   18:32   21:21   +3分 
 39D   21:04   23:41   -2分 
 列車番号   帯広発   札幌着   現行との 
 所要時分差 
 32D    6:45    9:33   +2分 
 34D    8:47   11:40   +8分 
 36D   11:01   13:56   +14分 
 38D   13:30   16:19   +8分 
 40D   19:22   22:15   +3分 

 -札幌~帯広間の平均所要時分-
 下り 現行 2時間46分 改正 2時間44分
 上り 現行 2時間44分 改正 2時間51分
 6往復(12本)合計 現行 2時間45分 改正 2時間48分

 <全体的に所要時分が延長>

 3月26日ダイヤ改正は帯広・釧路方面で大きな変更点はありません。函館方面の特急列車増発や快速「エアポート」の札幌駅発着時刻の変更に合わせて、「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」の時刻修正が行われる程度です。

 運転時間帯は現行ダイヤとおおむね変わりませんが、全体的に所要時分が延長しており、改正後の平均所要時分は現行から2分短縮する下りの「スーパーとかち」を除いて、全て現行を上回っています。

 今改正の帯広・釧路方面は石勝線、根室本線で普通列車の減便が行われますが、「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」はこの「恩恵」を生かしきれないことが明らかになりました。

 普通列車の減便は利便性低下を招くため、本来はあってはなりません。しかし、帯広・釧路方面の場合は大部分が単線区間であるため、走行線区の普通列車が減便されることは、途中駅の列車交換が減少するメリットがあり、所要時分短縮等の「追い風」となります。

 ところが、所要時分が現行から短縮するのは「スーパーおおぞら」は12本のうち2本、「スーパーとかち」は10本のうち3本にとどまります。

 各列車の所要時分についても現行の「スーパーおおぞら」は3本が「3時間台運転」となっていますが、改正後は1本のみとなります。また、改正後の「スーパーとかち」は最速2時間38分となり、現行から1分短縮しますが、一方で2時間50分台で運転する列車が現行の1本から改正後は4本に増加し、帯広・釧路方面のスピードダウンを印象付けています。



広告


広告

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-