改正後の特急「スーパー北斗」「北斗」の所要時分や表定速度

 2016.03.22

 特急「スーパー北斗」
 列車番号   札幌発   函館着   所要時分   表定速度 
 km/h 
 2D    6:00    9:27   3時間27分   92.3 
 4D    6:52   10:38   3時間46分   84.6 
 10D   10:44   14:25   3時間41分   86.5 
 14D   13:32   17:09   3時間37分   88.1 
 16D   14:44   18:25   3時間41分   86.5 
 18D   15:39   19:24   3時間45分   84.9 
 20D   16:32   20:20   3時間48分   83.8 
 24D   20:00   23:31   3時間31分   90.6 
 列車番号   函館発   札幌着   所要時分   表定速度 
 km/h 
 1D    6:10    9:48   3時間38分   87.7 
 5D    8:54   12:41   3時間47分   88.1 
 7D   10:05   13:48   3時間43分   89.7 
 9D   10:48   14:41   3時間53分   82.0 
 11D   12:16   16:04   3時間48分   83.8 
 15D   14:56   18:41   3時間45分   84.9 
 21D   18:49   22:33   3時間44分   85.3 
 23D   19:55   23:40   3時間45分   84.9 

 -「スーパー北斗」の平均所要時分-
 上り 現行 3時間33分 改正 3時間39分
 下り 現行 3時間32分 改正 3時間45分
 5往復(12本)合計 現行 3時間33分
 8往復(16本)合計 改正 3時間42分

 特急「北斗」
 列車番号   札幌発   函館着   所要時分   表定速度 
 km/h 
 6D    8:39   12:34   3時間55分   81.3 
 8D    9:30   13:24   3時間54分   81.7 
 12D   12:15   16:08   3時間53分   82.0 
 22D   18:10   21:55   3時間45分   84.9 
 列車番号   函館発   札幌着   所要時分   表定速度 
 km/h 
 3D    7:28   11:27   3時間59分   80.0 
 13D   13:51   17:41   3時間50分   83.1 
 17D   16:35   20:34   3時間59分   80.0 
 19D   17:51   21:48   3時間57分   80.6 

 -「北斗」の平均所要時分-
 上り 現行 3時間46分 改正 3時間51分
 下り 現行 3時間42分 改正 3時間56分
 4往復(8本)合計 現行 3時間44分 改正 3時間54分

 <仁山経由>

 改正後の特急「スーパー北斗」「北斗」の平均所要時分は、上下列車、合計ともに現行を上回ります。函館本線函館~森間は最速41分、「北斗8・17号」はもっとも遅い50分となります。表定速度は59.4km/hを記録し、特急「オホーツク」も驚くほどの表定速度です。

 函館~森間はもともとスピードが上がらない区間です。例えば、七飯~森間は単線で仁山経由は下り列車の側から勾配があり、駒ヶ岳経由は勾配と急カーブが連続します。この環境で新函館北斗の停車拡大は、函館~森間の所要時分を遅らせる理由となります。

 また、偶然かもしれませんが、キハ261系気動車を使用する「スーパー北斗4・9・11・18・20・23号」は、キハ281系気動車を使用する「スーパー北斗」に比べて所要時分が遅くなっており、車体傾斜装置の停止が影響している可能性もあります。

 形式別の平均所要時分はキハ281系の場合、上りは3時間35分、下りは3時間43分となります。キハ261系の場合、上りは3時間46分、下りは3時間48分となります。

 現行と改正後のキハ281系「スーパー北斗」を比較した場合、上りはそれほど変わりませんが、下りは10分程度遅くなっています。下りの「スーパー北斗」は、「はこだてライナー」や普通列車の続行となっていることが多く、函館本線の線形というよりは、ダイヤの都合という見方もできます。



広告


広告

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-