キハ261系1000番台、特急「スーパー北斗」デビュー

 2016.03.27

 26日、JR北海道のダイヤ改正が実施され、キハ261系1000番台を使用した特急「スーパー北斗」がデビューしました。キハ261系1000番台を使用する「スーパー北斗」は基本8両編成となりますが、改正当日は季節外れの「多客期」ということもあり、2両増結した10両編成で運行していました。

 キハ261系1000番台は最大10両編成で運用することが可能ですが、従来の営業運転の最大編成両数は8両でした。「スーパー北斗」は従来の最大編成両数を基本編成で運用し、特急「スーパーとかち」では実現しなかった最大10両編成の運用を実現しました。

 2011年5月の石勝線事故以降、特急列車の長大編成というのはそれほど見かけなくなりました。さらに13年11月の減速減便でその傾向が強まりました。長い間、特急の短編成が当たり前となっていたため、札幌駅のホームを端から端まで歩いたのは久しぶりでした。

 「スーパー北斗」の10両編成は特急気動車の復活を印象付けましたが、一方で特急「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」は基本編成で運用され、函館方面と帯広・釧路方面の温度差が浮き彫りになりました。

 キハ261系1000番台の函館方面投入は、大量余剰の状態にあった1300番台(増結車)の余剰解消にも寄与しました。実際、改正当日は「スーパー北斗」で多くの1300番台が使用されました。

 <スーパー北斗編成調査>
←函館
 1   2   3   4   5   6   7   8   9  10
 キロ 
 261 
1106
 キハ 
 260 
1106
 キハ 
 260 
1317
 キハ 
 260 
1319
 キハ 
 260 
1318
 キハ 
 260 
1312
 キハ 
 260 
1313
 キハ 
 260 
1316
 キハ 
 260 
1206
 キハ 
 261 
1206
  G     指     指     指     指     指     指     指     自     自  
 9D,18D「スーパー北斗9・18号」

P91220497.jpg
 千歳線平和~白石間を走行する「スーパー北斗9号」
 2016.03.26

P91220525.jpg
 キロ261-1106
 2016.03.26 札幌駅

←函館
 1   2   3   4   5   6   7   8   9  10
 キロ 
 261 
1107
 キハ 
 260 
1107
 キハ 
 260 
1314
 キハ 
 260 
1315
 キハ 
 260 
1308
 キハ 
 260 
1321
 キハ 
 260 
1320
 キハ 
 260 
1311
 キハ 
 260 
1204
 キハ 
 261 
1204
  G     指     指     指     指     指     指     指     自     自  
 11D,20D「スーパー北斗11・20号」
 ※パープルは新塗装車両

P91220577.jpg
 キハ261-1204
 2016.03.26 札幌駅

 <スーパーとかち編成調査>
←帯広
 1   2   3   4   5 
 キロ 
 261 
1102
 キハ 
 260 
1102
 キハ 
 260 
1301
 キハ 
 260 
1203
 キハ 
 261 
1203
  G     指     指     指     自  
 35D「スーパーとかち5号」

←帯広
 1   2   3   4   5 
 キロ 
 261 
1101
 キハ 
 260 
1101
 キハ 
 260 
1309
 キハ 
 260 
1201
 キハ 
 261 
1201
  G     指     指     指     自  
 38D「スーパーとかち8号」



広告


広告

お知らせ

いつもごらんいただきまして、ありがとうございます。

このほど、60万アクセスを達成しました。

今後も当ブログをよろしくお願いします。

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-