ハイデッカーグリーン車の運用

 2018.06.11

 今月30日から網走方面でハイデッカーグリーン車(N183系、NN183系)の運用が始まりますが、これに先駆けて、N183系のハイデッカーグリーン車の運用が行われました。

 今月6日、苗穂運転所構内で「オホーツク3号」となる編成をみかけましたが、遠軽方から3両目にキロ182-500番台が連結された5両編成となっていました。

 遠方から目視で確認したため、車番はわかりませんでしたが、同4両目に「とかち」色のキハ183-406、同5両目に「サロベツ」用車両のキハ183-1500番台を連結していました。

 その後、苗穂~札幌間で当該編成の回送を「海側」から確認したのですが、キロ182-500番台については、偶然にも「海側」の車番の塗装がはがれていました。しかも、最重要の番台区分でした。ほかの車両は確認しましたが、こんなことがあるのかと思いました。

 仕様がないので、「オホーツク3号」を苗穂~白石間で「山側」から撮影しました。車番を失念しないように記録の意味もありました。ところが今度は撮影に失敗し、車番がぶれていました。504のようにも見えましたが、わからないので調べたところ、キロ182-504でした。

 また、ハイデッカーグリーン車の運用は数日で終わったようですが、驚いたのはキロ182-9が予備車として残っていたことでした。網走方面は最後までグリーン車の運用に苦慮していることがうかがえます。

P991280653.jpg
 苗穂運転所を出発した「オホーツク3号」となる編成
 2018.06.06

  1号車 キハ183-1556 自
  2号車 キハ182-502 自/指
  3号車 キロ182-504 G
 増3号車 キハ183-406 指
  4号車 キハ183-1502 指



広告


広告

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


広告

-