L特急「すずらん」がトレンド


 JR北海道は、年末年始期間に臨時特急「北斗86・95号」を増発し、札幌~函館間は1日10往復を運転すると発表しました。運転期間は2013年12月28日~2014年1月5日の毎日、2月5~11日にも運転されます。

 車両はクリスタル車両を使用します。3号車に販売カウンターがあり、1階個室は多目的室、2階は4人用ボックスシートとなっています。

 -異例のお願い-

 年末年始の札幌~函館間は、臨時列車5往復を含めて特急列車が10往復運転されますが、使用できる車両の不足やリゾート気動車を使用するため、提供される座席は、前年度比で半減することが確定しました。

 この影響で12月28~30日、1月3~5日の札幌~函館間の自由席は、大混雑が予想されています。JRは札幌~東室蘭・室蘭間を利用する場合は、L特急「すずらん」の利用をお願いしています。

 これは、今夏のお盆期間でもあったことですが、改正前は特急「スーパー北斗」が7往復運転されていたことから、今回はお盆期間以上に大混雑が予想されており、再度異例のお願いです。

 -すずらんがトレンド-

 JRは「北斗系統」の混雑緩和と「すずらん」の乗車率を向上させるため、12月28日~翌年1月10日まで「すずらん限定自由席往復割引きっぷ」を設定します。発売期間は利用開始日の1か月前から2014年1月5日まで、有効期間は6日間です。

 このきっぷは自由席往復割引きっぷの「Sきっぷ」よりも割引しているだけでなく、通常の料金の約半額というまさに「破格」のきっぷです。

 例えば札幌~東室蘭・室蘭間の特急自由席往復利用は、通常だと8,340円で、Sきっぷでは4,600円なのですが、「すずらん限定きっぷ」は4,180円となります。食料品店のタイムセールも驚きの対応に、「すずらん」の乗車率向上を図りたいJRの本気が感じられます。

 「すずらん限定きっぷ」の設定区間は、上記のほかに札幌~苫小牧、札幌~白老、札幌~登別・幌別、苫小牧~東室蘭・室蘭があり、全て通常の料金より約半額となっています。

 年末年始に胆振方面へ帰省される場合は、「北斗系統」より「すずらん」がトレンドです。




広告


広告

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-