市電環状化工事がまたも入札不成立

【★】
 札幌市の路面電車(市電)を環状(ループ)化する工事の入札不成立が続いています。

 市電の環状化は、2015年春の開業予定で、14年度は、西4丁目~すすきの間(約400m)の軌道敷設や停留場を新設・改修するなどの工事が行われる計画です。

 この工事について、今年1月末に入札が行われましたが、業者の応札価格が札幌市の予定価格を上回ったため入札不成立となりました。

 札幌市は、入札の参加条件を一部緩和し、先週末に2回目の入札が行われましたが、今度は応札者がいなかったことで不成立となり、4月上旬に3回目の入札が行われることになりました。

 環状化工事は、今月上旬から着手し、15年3月末の完成を予定していましたが、2度の入札不成立により、工事の着手は、当初の予定から2か月以上遅れる見込みとなるようです。

 全国的に公共工事の入札不成立が相次いでいます。その背景には、震災の復興需要などによる資材価格や人件費の高騰があるとされています。札幌市でも、本年度に発注した工事で入札不成立が相次いでおり、深刻な影響を受けています。

 札幌市は、15年春の開業時期を変更しない方針ですが、3回目の入札結果や工事の進捗状況によっては、環状化の開業時期にも影響が出かねない状況となっています。




広告


広告

お知らせ

いつもごらんいただきまして、ありがとうございます。

このほど、60万アクセスを達成しました。

今後も当ブログをよろしくお願いします。

広告

プロフィール

Author:dieseltrain


-

-